コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰徳太平記 いんとくたいへいき

3件 の用語解説(陰徳太平記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰徳太平記
いんとくたいへいき

戦記。 81巻。毛利一族の岩国吉川家の家臣香川正矩,堯真共編。寛文年間 (1661~73) に成立したものを正矩の次男宣阿が補訂して元禄年間 (88~1704) に完成。正徳2 (12) 年刊。『太平記』にならい戦国時代から江戸時代初期にかけて,中国地方を舞台とした毛利氏の活躍を描いた読み物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陰徳太平記【いんとくたいへいき】

戦国期・織豊期の西日本を舞台とする軍記。81巻。周防岩国吉川(きっかわ)家家臣の香川正矩(まさのり)の遺稿を次男景継(尭真)が集成し,1712年に刊行された。毛利氏の西日本制覇を軸に大内氏尼子(あまこ)氏大友氏など中国・四国・九州の諸氏の興亡や織豊政権による統一過程が描かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんとくたいへいき【陰徳太平記】

戦国・織豊期の西日本を舞台とする軍記。岩国吉川(きつかわ)家の老臣香川正矩の遺稿を次男景継(尭真,宣阿)が集成し,1712年(正徳2)に刊行。81巻。大内氏を頼った足利義稙に筆を起こし豊臣秀吉の死による朝鮮の役の終焉まで,毛利氏の中国制覇を軸に,大内,尼子,大友など中国,四国,九州の諸氏の興亡,織豊政権による統一を描く。陰徳とは争乱を生きぬいた毛利家の徳をたたえたもの。【加藤 益幹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陰徳太平記の関連キーワード赤毛花まんま修理屋ドンペペの歌ブルドクターめだかL×I×V×E北の螢凍河

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陰徳太平記の関連情報