コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環海異聞 かんかいいぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環海異聞
かんかいいぶん

大槻玄沢著の漂流記。全16巻。文化4(1807)年完成。寛政5(1793)年,仙台藩の『若宮丸』の船頭が江戸へ向かう途中で暴風雨にあい,ロシアに漂着。以後ロシア各地をめぐりインド洋を経て,文化1(1804)年帰国するまでの記録で,そのときの船頭から海外諸地方の様子を聞いてまとめたもの。仙台沖から漂流,アリューシャン列島のオンデレイツケ島に漂着,以後寛政7(1795)年オホーツク海カムチャツカ半島)を経て同 8年1月イルクーツクシベリア)に着き,足かけ 8年滞在,享和3(1803)年サンクトペテルブルグに 3ヵ月滞在したのち,通商を求めて訪日するロシアの使節ニコライ・レザノフの船で文化1(1804)年長崎に送還された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

環海異聞【かんかいいぶん】

陸奥(むつ)仙台藩領の舟子(ふなこ)津太夫(つだゆう)らの見聞記。1793年暴風のためロシアのアレウト列島に漂着した津太夫ら若宮(わかみや)丸の乗組員は,生き残った4名が日本への使節レザノフとともに1804年長崎に送還された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環海異聞
かんかいいぶん

漂流者のロシア見聞を聞き書きした記録。大槻玄沢(おおつきげんたく)(せん)。1807年(文化4)成稿。15巻。仙台の船頭津太夫(つだゆう)らが石巻(いしのまき)から江戸へ向かう途中、嵐(あらし)にあってロシアへ漂着し、1803年(享和3)モスクワ経由ペテルブルグへ送られ、皇帝に謁見、訪日使節に伴われ、大西洋、太平洋を周航して1804年(文化1)長崎で引き渡されるまでの物語。海外の政情、風俗、言語などを組織だてて記述。図解も入り、当時の北方問題資料として注目された。石井研堂編『校訂漂流奇談全集』(続帝国文庫)、三島才二編『南蛮稀聞帳』、大友喜作編『北門叢書(そうしょ)』に収録されている。[石山 洋]
『川合彦充著『日本人漂流記』(社会思想社・現代教養文庫) ▽鮎沢信太郎著『漂流』(1956・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

環海異聞の関連キーワード若宮丸漂流民松原右仲山村才助北槎聞略

環海異聞の関連情報