コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津波堆積物 ツナミタイセキブツ

デジタル大辞泉の解説

つなみ‐たいせきぶつ【津波堆積物】

津波によって運ばれてきた砂や泥が陸上に堆積したもの。沿岸低地の地層中に含まれている場合は、過去の津波の規模や範囲を調べる手がかりになる。→イベント堆積物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津波堆積物
つなみたいせきぶつ

大規模な津波によって、海底から巻き上げられた砂や泥が、陸上に運ばれて堆積したもの。普段は陸上の堆積物がたまっているところへ、貝殻の破片を含んだ砂や泥が堆積することになる。陸上に堆積した津波堆積物は浸食されやすいが、海岸付近の湖や沼などに流れ込んだものはそのまま保存されていることが多い。
 この津波堆積物を、研究者が特定して年代を決定することにより、古文書に記述されていない古い時期の津波の襲来時期を明らかにしたり、津波が押し寄せた範囲を明らかにすることができる。869年(貞観11)の貞観(じょうがん)地震による津波堆積物は、仙台平野の広い範囲で確認されており、2011年(平成23)の東北地方太平洋沖地震の津波に匹敵する規模の津波であったことが明らかにされている。[村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

津波堆積物の関連キーワード貞観地震

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津波堆積物の関連情報