津田出(読み)つだ いずる

美術人名辞典の解説

津田出

和歌山藩士・官僚。通称は又太郎。号は芝山。江戸で蘭学徂徠学を修め、帰藩後は蘭学教授を勤める。維新後、和歌山藩大参事となり、徴兵制・郡県制をとり入れるなど藩政改革に尽力した。廃藩置県ののち大蔵少輔、陸軍大輔、元老院議官貴族院議員などを歴任した。明治38年(1905)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田出 つだ-いずる

1832-1905 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)3年3月生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。明治2年藩の大参事となり,徴兵制を実施。廃藩置県後,陸軍大輔(たいふ),元老院議官,高等法院陪席裁判官などをつとめ,23年貴族院議員となる。晩年は千葉県で開墾にたずさわった。明治38年6月2日死去。74歳。通称は又太郎。号は芝山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津田出

没年:明治38.6.2(1905)
生年:天保3.3(1832)
幕末の和歌山(紀州)藩士,明治期の官僚。江戸で蘭学を修業,帰藩後蘭学教授を勤めた。慶応年間(1865~68),藩の国政改革制度取調総裁に任じたが,勤王運動に投じて譴責禁固。明治1(1868)年執政として復職,2年和歌山藩大参事に昇任,中央政府に対して郡県制度・徴兵制度採用の急務を進言,同時に紀州の藩政改革で四民平等,徴兵制を採用・実行し注目された。廃藩置県(1871)後,参議西郷隆盛に推挙されて大蔵少輔,7年陸軍大輔に転じ陸軍少将に任じられた。世に注目され,抱負の大なるに比して官職に恵まれず,次第に国政への意欲を減じた。元老院議官,貴族院勅選議員を経歴。

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android