コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田又左衛門 つだ またざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田又左衛門 つだ-またざえもん

?-1667 江戸時代前期の商人。
朱印船貿易に従事。シャム(タイ)に滞在中,国王の要請で山田長政とともに日本人軍をひきいて隣国の侵攻をふせぐ。国王の信任をえて王女を妻とする。寛永年間の初めに生地の肥前長崎に帰り,材木町乙名(おとな)(町役人),年行司などをつとめた。寛文7年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津田又左衛門の関連キーワード朱印船貿易

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android