コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田恭介 つだきょうすけ

3件 の用語解説(津田恭介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田恭介
つだきょうすけ

[生]1907.2.10. 台湾
[没]1999.6.17. 東京
薬学者。 1929年東京大学医学部薬学科卒業。同学部助教授 (同大学伝染病研究所併任) を経て 1951年九州大学教授。スイス国立工科大学に留学後,1955年東京大学応用微生物研究所教授,1965年同研究所長,1967年からは共立薬科大学学長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田恭介 つだ-きょうすけ

1907-1999 昭和-平成時代の薬学者,有機化学者。
明治40年2月10日台湾生まれ。九大教授をへて,昭和30年東大教授となり,40年同大応用微生物研究所長。42年共立薬大学長。39年フグ毒テトロドトキシンの構造決定に成功。41年学士院賞,57年文化勲章。平成11年6月17日死去。92歳。東京帝大卒。共著に「医薬品合成化学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津田恭介
つだきょうすけ
(1907―1999)

薬学者。埼玉県出身。東京大学卒業。東大助教授・同伝染病研究所併任を経て、1951年(昭和26)九州大学教授に就任し、薬学科を創設。1954年チューリヒ工科大学ルジーチカ教授の下に留学。1955年東大応用微生物研究所教授・薬学部教授併任となる。1957年日本薬学会賞受賞。1965年、独創的な分離精製法と研究方法とによる「フグ毒の単離と化学構造決定」により朝日文化賞を受賞。1966年「苦(くしん)塩基を中心とする荳科(とうか)アルカロイドの化学的研究」により日本学士院賞を受賞した。日本学術会議会員、東京大学応用微生物研究所長、中央薬事審議会会長、日本薬学会会頭、共立薬科大学長(のちに慶応義塾大学と合併)などを歴任。日本学士院会員、文化功労者、1982年文化勲章受章。東京大学名誉教授。著書に『有機微量分析法』(1965)などがある。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津田恭介の言及

【フグ(河豚)】より


[フグ毒]
 フグは数多い魚の中でも特別の珍味とされているが,ときにはこれを食べて中毒を起こし,死に至ることがある。この毒は田原良純により初めて卵巣から抽出され(1912),テトラドトキシン(現在はテトロドトキシンtetrodotoxin)と命名されたが,その後津田恭介によりC12H19O9N3なる分子式ときわめて特異な構造式が明らかにされた(1962)。これは一種の神経毒で,知覚および運動の麻痺を起こし,重症の場合は呼吸麻痺により死に至る。…

※「津田恭介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津田恭介の関連キーワード宇井理生大塚栄子柴田承二清水博(2)辰野高司富田真雄中嶋暉躬伴義雄水野伝一三井幸雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone