コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田監物 ツダケンモツ

デジタル大辞泉の解説

つだ‐けんもつ【津田監物】

[?~1567]室町後期の砲術家。津田流砲術の祖。紀伊の人。名は算長(かずなが)。種子島でポルトガル伝来の銃を譲り受けて砲術とその製造法を学んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田監物 つだ-けんもつ

?-1568* 戦国時代の砲術家。
津田流砲術の祖。紀伊(きい)那賀郡(和歌山県)吐前(はんざき)城主。種子島から鉄砲を手にいれ,天文(てんぶん)13年鍛冶屋の芝辻清右衛門(妙西)に鉄砲をつくらせ,根来寺(ねごろじ)の杉之坊をはじめとする根来衆にひろめたという。永禄(えいろく)10年12月23日死去。名は算長(かずなが)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

津田監物

没年:永禄10.12.23(1568.1.22)
生年:生年不詳
戦国時代末期の武将。津田流砲術の始祖といわれる。楠木正成の子孫で河内交野郡津田城(大阪府枚方市)城主津田周防守正信から4代に当たり,津田監物算行の長男と伝えられる。諱は算長。根来寺杉之坊妙算は弟。紀伊那賀郡小倉荘吐前城(和歌山市)城主で,天正13(1585)年豊臣秀吉闕所されるが,のち豊臣秀長・秀頼に仕えて1000石を領した。天文年中(1532~55)種子島に渡航して砲術を学んだという伝承は疑わしい。

(森田恭二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

つだけんもつ【津田監物】

?~1567) 室町末期の砲術家。津田流砲術の祖。名は算長。紀伊の人。種子島時尭ときたかに鉄砲製造法と砲術を学んで帰京、堺の鍛冶芝辻清右衛門に鉄砲を作らせた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津田監物
つだけんもつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の津田監物の言及

【砲術】より

…島主種子島時尭(ときたか)は,この珍しい威力のある武器を求め,島の鍛冶に模作をさせるとともに,火薬の製法,銃の操法も学ばせた。このことを伝え聞いた紀伊の津田監物(けんもつ),筑前の泊(とまり)兵部少輔らが種子島に渡って砲術を学び,それぞれ津田流,一火流をおこした。やがて砲術家といわれる人たちも現れ,戦国大名も鉄砲を求めるようになった。…

※「津田監物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津田監物の関連キーワード妙西(1)種子島時尭根来寺衆津田算長根来流没年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android