コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田金平 つだ きんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田金平 つだ-きんぺい

?-1875 幕末-明治時代の儒者。
播磨(はりま)(兵庫県)明石(あかし)藩士。江戸の藩邸で生まれる。松崎慊堂(こうどう)にまなぶ。大目付。慶応4年脱藩して彰義隊に参加。敗れて帰藩し蟄居(ちっきょ)を命じられる。明治2年藩校敬義館の創設につくし,梁田葦洲(やなだ-いしゅう)とともに教授となった。明治8年10月21日死去。名は高文。字(あざな)は子煥。通称は別に太無。号は柳雪。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津田金平の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android