コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洲本城 すもとじょう

日本の城がわかる事典の解説

すもとじょう【洲本城】

兵庫県洲本市小路谷にあった山城(やまじろ)。戦国時代から江戸時代にかけて淡路国統治の中心となった城。国指定史跡。標高130mの三熊山に、安宅(あたぎ)氏によって1510年(永正7)築城されたと伝えられるが、1526(大永6)築城との説もある。1581年(天正9)、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に攻められ、開城。安宅氏没落後、菅平氏・仙石氏・脇坂氏が居城し、脇坂安治(やすはる)のとき城の大改修を行い、現在遺構として残る大部分が築かれたとされる。東西約800mの範囲に総石垣造りの本丸・東の丸・南の丸など曲輪(くるわ)を築き、大手門を南側に開き、北奥の最高所に天守を配した。安治が伊予大洲に移封された後、藤堂高虎(とうどうたかとら)、池田輝政(てるまさ)が領したとされる。1615年(元和1)、大坂夏の陣で軍功のあった阿波徳島藩主蜂須賀至鎮(はちすかよししげ)が淡路一国8万石を加増された。寛永年間(1624~44年)に徳島藩の淡路支配の拠点が由良(ゆら)から洲本に移される(由良引(びけ))と山頂の城(上の城)は廃され、麓に館(下の城)が築かれた。重臣稲田氏を城代とし、以後稲田氏代々の居城となって明治維新を迎える。山上一帯は三熊山公園として、総石垣の曲輪、幾重にも築かれた登り石垣、堀が現存し、天守台には模擬天守閣が建てられている。下の城跡には石垣や内堀の一部が残り、洲本市立淡路文化資料館などが建っている。JR東海道本線三ノ宮駅またはJR山陽本線舞子駅からバス洲本行、洲本バスセンター下車、登城口まで徒歩30分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

洲本城の関連キーワード洲本市立淡路文化史料館兵庫県洲本市小路谷高津例太郎稲田 邦植洲本[市]洲本(市)仙石秀久稲田植誠洲本城跡稲田邦植安宅清康三熊城跡脇坂安治淡路国洲本藩淡路島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洲本城の関連情報