コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本木昌造 もときしょうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本木昌造
もときしょうぞう

[生]文政7(1824).6.9. 長崎
[没]1875.9.3.
日本の活版印刷技術の先駆者嘉永1 (1848) 年オランダ船のもたらした活字印刷機を購入して,流し込み活字製造を案出安政2 (55) 年には長崎に設けられた活字判摺立所の御用係となり,兵学,医学,会話書を印刷刊行。明治2 (69) 年上海から来たアメリカ人技師 W.ギャンブルから活字鋳造法を学び,母型による鋳造活字を完成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もとき‐しょうぞう〔‐シヤウザウ〕【本木昌造】

[1824~1875]江戸末期の日本の活版印刷の創始者。長崎の人。オランダ通詞家業を継ぎ、航海術・製鉄術も習得。米国人ガンブルに金属活字の鋳造法を学び、のち活版所を開設した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本木昌造【もときしょうぞう】

日本における活版印刷業の創始者。長崎の乙名北島家に生まれ,オランダ通詞本木家の養子(6代目)となる。ロシア使節プチャーチンの来日,ヘダ号建造に際し通詞を務め,洋式船に精通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本木昌造 もとき-しょうぞう

1824-1875 江戸後期-明治時代の通詞,技術者。
文政7年6月9日生まれ。オランダ通詞本木家の養子。造船,航海術などをまなび,万延元年(1860)長崎製鉄所御用掛,のち頭取となる。明治2年アメリカ人技師ガンブルをまねいて活字鋳造に成功。翌年長崎に民間初の活版所をひらいた。明治8年9月3日死去。52歳。肥前長崎出身。本姓は北島。名は永久。号は梧窓,点林堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本木昌造

没年:明治8.9.3(1875)
生年:文政7.6.9(1824.7.5)
幕末・明治初期の活版印刷の先駆者。号は梧窓。長崎に北島三弥太の4男に生まれ,母の実家であるオランダ通詞本木昌左衛門の養子となる。通詞のかたわら西欧の諸技術に関心を持ち,特に活字製造,印刷技術を研究した。嘉永4(1851)年,自ら製作した鉛活字と輸入印刷機によって自著『蘭和通弁』を印刷した。長崎,下田においてロシア使節プチャーチンの通訳をし,伊豆戸田でのロシア艦建造に関係し,西洋造船術も習得した。長崎飽ノ浦製鉄所頭取なども務め,製鉄,造船,橋梁技術の開発や技術者養成に当たった。明治2(1869)年,活字鋳造を実現するため,上海からアメリカ人技師ガンブルを招き,製鉄所内に活版伝習所を設立,活字製造に成功した。翌3年,製鉄所を辞し,長崎新町に活版所を創立。4年,門人の平野富二を用いて東京神田に活版所支場を設置,平野の経営で築地活版所に発展した。わが国の活版印刷技術発達に果たした役割は大きい。<参考文献>三谷幸吉編『本木昌造・平野富二詳伝』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もときしょうぞう【本木昌造】

1824‐75(文政7‐明治8)
幕末の技術家で,日本における活版印刷術の創始者。長崎に生まれ,母の生家,オランダ語の通詞を代々の職とする本木家の養子となり,1835年(天保6)から家業を継いだ。やがて西洋の印刷書への関心は,51年(嘉永4)にオランダ製輸入機械を用いての自著《蘭和通弁》の印刷試作へと進み,流込み活字考案の発端となったが,時代はこの仕事に専念することを許さず,53年ロシア使節プチャーチンが長崎に来航すればその通訳,翌年(安政1)その軍艦ディアナ号が伊豆で難破すれば戸田(へだ)へ出張し,ロシア艦建造の検分役として造船術の研究協力にあたり,55年幕府長崎海軍伝習所が設置されると海軍伝習掛となり,通訳のかたわら化学・物理・数学・測量・石炭技術・製鉄学・航海術などを学んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もときしょうぞう【本木昌造】

1824~1875) 幕末、日本における活版印刷の創始者。長崎生まれ。庄左衛門の養子。家業を継いで通詞となったが、アメリカ人ガンブルに金属活字鋳造を学び、活版所を開設するとともに、号数活字の系列を整備した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本木昌造
もときしょうぞう
(1824―1875)

長崎の人。字(あざな)は永久、梧窓(ごそう)と号した。北島三弥太の四男に生まれ、母の実家、オランダ通詞の本木家を継ぐ。家業がら、西洋の機械技術、ことに印刷、活字製造に興味をもち、1851年(嘉永4)自著『蘭和通弁(らんわつうべん)』をオランダ輸入の印刷機で印刷している。その後ロシア使節プチャーチンの通訳として伊豆戸田(へだ)でロシア艦の建造に関係し、幕府の長崎海軍伝習所通訳となったことから航海、製鉄術を習得した。1860年(万延1)幕府の長崎飽ノ浦(あくのうら)製鉄所(現在の三菱(みつびし)重工長崎造船所)御用掛に任命され、のちには頭取となり、西ノ浜鉄橋を架設し、その間1861年(文久1)には蒸気船を輸入し自ら船長として航海するなど、幅の広い活動をした。1869年(明治2)同製鉄所構内に活版伝習所を設け、上海(シャンハイ)からアメリカ人宣教師ウィリアム・ガンブルWilliam Gamble(?~1886)を迎えて、金属活字の鋳造に成功した。翌1870年頭取を辞任し、長崎新町に活版所を創設、門下の平野富二、陽其二(ようそのじ)(1838―1906)らとともに近代日本の印刷技術発展の道を開いた。明朝(みんちょう)活字といわれる大小各種金属活字の合理的なシステム、活字への日本の書のもつ美しさの導入、また印刷業の利潤を割いての長崎新塾開設による新しい市民の育成などは記念すべき業績である。[飯田賢一]
『柴田四郎著『印刷文化の黎明――本木昌造の生涯』(1954・日本印刷新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の本木昌造の言及

【印刷】より

…【山本 隆太郎】
【日本の印刷業】

[沿革]
 江戸時代以前にも,木版による出版は多くみられたが,印刷業が近代企業として活発になったのは明治以降である。日本活版術の始祖とされている本木昌造は,1869年(明治2)長崎に〈新街私塾〉という学塾を開き,その維持費を得るために活版印刷の工業化を考えた。彼は,上海美華書館から多量の活字,活字鋳造機,印刷機などを買いつけ,上海美華書館の館長ガンブルWilliam Gambleを迎えて活版伝習所を設立した。…

【校正】より

…外国で行われている様式には,訂正個所に斜線を記し,欄外に訂正字または記号を記入するブック・システムbook system(欄外式)と,訂正個所から欄外に線を引いて訂正字を記入するパスライン・システムpath line system(引出し式)とがある。日本では多く引出し式が採られ,校正記号については,活版印刷を創業した本木昌造が1870年(明治3)に外国の方式を勘案して和文向きに作成したものが初めであるが,今日では,1934年に日本印刷学会校正記号委員会が定め,その後65年に工業技術院がそれをさらに取捨整理して日本工業規格(JISZ8208)として制定した記号が普及している。 校正は,著作者がする場合ばかりでなく,新聞社や出版社では,熟達した専門の係,すなわち校正者が担当する。…

※「本木昌造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本木昌造の関連キーワード長崎の活版印刷田辺 安太郎野村 宗十郎田辺安太郎野村宗十郎大輪 盛登三谷 幸吉活字書体井関盛艮三谷幸吉五代友厚谷口黙次号数活字明治時代高麗橋陽其二

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android