コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畢昇 ひっしょう Bi-Sheng; Pi-Shêng

5件 の用語解説(畢昇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畢昇
ひっしょう
Bi-Sheng; Pi-Shêng

中国,北宋の慶暦年間 (1041~48) に活版印刷術を発明した人。膠泥 (こうでい) を用いた印材に字を刻み,1字1印とし,火で焼いて堅くしておく。一方,鉄板上に松やにろうに紙灰を混ぜたものを流し込み,これに膠泥活字を植えて一平板をつくり,この平板によって印刷したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐しょう【畢昇】

中国、北宋代(960~1126)の人。活版印刷術を発明したといわれる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひっしょう【畢昇 Bì Shēng】

中国,北宋の活字印刷の発明者。生没年不詳。世界に先んじて印刷術が行われた中国では,木版印刷(整版)が主流を占めた。しかし活字印刷もまた早くから考案された。11世紀末に北宋の沈括(しんかつ)が書いた《夢渓筆談》に,活字印刷の創始者として工人畢昇のことがみえる。土を膠(にかわ)で固めて文字を彫りそれを焼いた〈膠泥活字〉を造り,これを蠟を塗った鉄版に配列し,下から熱を加えて蠟をとかし,冷却して活字が固定するのを待ち,墨を塗り上から紙を押しあてて印刷を行ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひっしょう【畢昇】

中国、宋代の活版印刷術発明者。一一世紀中頃、従来の木版に代わって膠泥製の活字を作って活版印刷を始めたという。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畢昇
ひっしょう

生没年不詳。中国、北宋(ほくそう)(960~1127)代の活字印刷法の発明者。その経歴も不明であるが、11世紀の科学者で政治家である沈括(ちんかつ/しんかつ)の著作『夢渓筆談』巻18「技芸」に畢昇についての記述がある。それによれば、畢昇は民間の人であり、慶暦年間(1041~1048)に活字を発明した。それは膠泥(こうでい)に文字を彫ってそれを火に入れて焼き固めたもので1文字1活字である。印刷は、まず鉄板の上に松脂(まつやに)・臘(ろう)と紙の灰を混ぜたものを一面に塗り、その上に鉄の枠を置いて、枠の中に活字を植字する。ついでこれに熱を加えて松脂などが溶けてきたら活字を板で押さえ平らに整える。冷却して活字が固定したら墨をつけ、上から紙を置いて印刷するものであった。[宮島一彦]
『T・F・カーター著、L・C・グドリッチ改訂、藪内清・石橋正子訳注『中国の印刷術――その発明と西伝』1、2(平凡社・東洋文庫) ▽沈括著、梅原郁訳注『夢渓筆談』1~3(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の畢昇の言及

【印刷】より

… 木版印刷が盛行した宋代にはじめて活字印刷の発明が加わった。沈括(しんかつ)の《夢渓筆談》によると,その発明者は畢昇(ひつしよう)と呼ぶ工人であった。当時の活字は泥土をにかわで固めて文字を彫り,そのあとで焼いた,いわゆる〈膠泥(こうでい)活字〉である。…

【本】より


[中国の活字本]
 中国は活字本の出版についてもおそらく最初である。まず11世紀の半ば,宋の慶暦年間(1041‐48)に畢昇(ひつしよう)が膠泥(こうでい)を加工して,いわゆる陶活字を発明し印刷を行ったことが沈括《夢渓筆談》などから知られる。さらに元代には王禎が《農書》を出版(1314)するために木活字約6万本を彫刻させ,試刷りとして《大徳旌徳県史》100部を1298年(大徳2)に印刷した。…

※「畢昇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

畢昇の関連キーワード活版印刷コステル徐崇嗣解版郭熙発明権発明者蘇漢臣山彦河良活字印刷

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone