コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流体素子 りゅうたいそしfluidic devices

2件 の用語解説(流体素子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流体素子
りゅうたいそし
fluidic devices

流体力学の原理を使用した制御素子。その原理は 1960年アメリカ陸軍のハリーダイヤモンド研究所から公表された。制御される気体や液体などの流体そのものの性質を利用するもので,速度では電気回路及ばないが,機械的な制御弁などより動作が速く,コストが安い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうたい‐そし〔リウタイ‐〕【流体素子】

水や空気などの流体そのものの挙動を利用して、流量や方向を制御する装置。弁などの機械的な可動部がないため信頼性が高い。エンジンの燃料噴射や油圧による制御装置などで利用されるほか、近年、微細加工技術(MEMS)と組み合わせ医用工学化学工学への応用が進められている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流体素子の関連情報