コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄明道 じょうみょうどう Jìng míng dào

2件 の用語解説(浄明道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうみょうどう【浄明道 Jìng míng dào】

中国,道教の宗派の一つ。浄明忠孝道とも呼ばれ,13世紀末の道士,玉真先生劉玉を開祖とする。しかし,宗派の淵源は古く,晋の許遜(許真君)に胚胎し,唐の胡恵超を経て,許遜信仰の高まりの中で,元代に劉玉によって大成され,以後,黄元吉,徐異に継承された。その教法の中心は本心が浄明(きよらかで明るい)であること,実践においては忠孝を貴ぶことに置かれており,《浄明忠孝全書》にこの宗派の重要文献が収録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄明道
じょうみょうどう

浄明忠孝道(ちゅうこうどう)ともいう。新道教の一派。東晋(とうしん)の許遜(きょそん)を祀(まつ)る江西省新建県の西山にある玉隆万寿宮(ぎょくりゅうばんじゅきゅう)の道士劉玉(りゅうぎょく)が1297年に開創した。教説は三教帰一説にたって、儒教道徳、とくに忠孝の内面的倫理を重んじ、老荘的な悟得、仏教的な救済、道教の昇仙の所説を融合し、「済民救世」の実践を強調した。中国近世の士人・庶民の間に広く信奉された善書(ぜんしょ)(倫理の実践的指導書)の一つである『功過格(こうかかく)』の基本となった『太微仙君(たいびせんくん)功過格』は、1171年、玉隆万寿宮の会真堂(かいしんどう)の道士又玄子(ゆうげんし)によって作成された。[秋月観暎]
『秋月観暎著『中国近世道教の形成』(1978・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浄明道の関連キーワード十三宗宗派南都六宗律宗一宗孝道四分律宗宗旨宗典岡野貴美子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone