浄瑠璃世界(読み)ジョウルリセカイ

百科事典マイペディアの解説

浄瑠璃世界【じょうるりせかい】

薬師如来浄土で,東方にあるとされる。病気を除き,諸根を具足させる浄土と説かれる。
→関連項目薬師

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょうるりせかい【浄瑠璃世界】

〘仏〙 薬師如来の浄土。地は瑠璃から成り、建物・用具などがすべて七宝造りで、無数の菩薩が住んでいるという。薬師浄土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうるり‐せかい ジャウルリ‥【浄瑠璃世界】

〘名〙 仏語。東方にある薬師如来の浄土。地は瑠璃、すべてのものが七宝から成り、日光・月光をはじめ、無数の菩薩が住むという世界。
※金沢文庫蔵伽陀集(1277)「薬師瑠璃光仏の 浄瑠璃世界にいたりては まつは日光月光の ふたりの大士に値遇せん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の浄瑠璃世界の言及

【浄土】より

…そこに生まれた者は男性のみで女性はいず,あらゆる苦しみから解放されて,いつも阿弥陀仏の説法を聴くことができる,と説かれている。この阿弥陀如来の西方極楽浄土の信仰が盛んとなると,それを模倣して,薬師如来の仏国土である浄瑠璃世界も浄土と呼ばれるようになる。東方薬師浄土のありさまは《薬師如来本願経》に描かれている。…

【薬師】より

…薬師瑠璃光(るりこう)如来とも呼ばれる。薬師は菩薩時代に12の大願を立て(その中に自分の名を聞く者を不具や病気から救うという項目がある),仏となって東方の浄瑠璃世界の主となり,日光菩薩,月光菩薩(日光・月光)を従えている。死の病人を救うために薬師如来に祈る供養法(続命法)が行われ,また薬師経を唱える信者を十二神将が守護するとも説かれる。…

※「浄瑠璃世界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄瑠璃世界の関連情報