コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅利又七郎 あさり またしちろう

2件 の用語解説(浅利又七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅利又七郎 あさり-またしちろう

1778-1853 江戸時代後期の剣術家。
安永7年生まれ。江戸で中西派一刀流の3代中西忠太にまなび,浅利派をたてる。突きをもっとも得意とした。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩の指南役をつとめる。千葉周作を養子にしようとしてことわられ,忠太の孫義明を養子にした。嘉永(かえい)6年2月20日死去。76歳。下総(しもうさ)松戸(千葉県)出身。名は義信。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅利又七郎
あさりまたしちろう
(1778―1853)

幕末の剣客。名は義信(よしのぶ)。水戸道中松戸宿(千葉県松戸市)近在の農民の出身。江戸へ出て下谷練塀小路(したやねりべいこうじ)の小野一刀流中西忠太子啓(つぐひろ)(中西派3代)の道場に学び、突きの名手として知られ、若狭(わかさ)(福井県)小浜藩の剣術師範に迎えられた。門人の千葉周作(しゅうさく)を養子にしようとしたが、剣術上の意見があわず義絶し、のち師の子啓の孫で4代子正(たねまさ)の次男義明(よしあき)(1822~1894)を養子とした。この義明は明治維新後、静岡藩の徳川家達(いえさと)の撃剣指南役を勤め、また1880年(明治13)春、山岡鉄舟に一刀流無想剣の極意を伝授したことで有名である。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浅利又七郎の関連キーワード徳川家慶市川春琳パリのパンテオン市川団十郎筒井政憲ロンスキアンコック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone