コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅原才市 あさはら さいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅原才市 あさはら-さいち

1850-1932 明治-昭和時代前期の仏教篤信者。
嘉永(かえい)3年2月20日生まれ。船大工,のち下駄(げた)作り職人。20歳ごろから浄土真宗の説教を熱心にきく。60歳ごろ自己の信仰生活を確立し,おおくの宗教詩をのこす。妙好人(在家の篤信者)として鈴木大拙(だいせつ)らにより世界に紹介された。昭和7年1月17日死去。83歳。石見(いわみ)(島根県)出身。法名は秀素。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浅原才市の関連キーワード温泉津嘉永

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android