コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅所貫入 せんしょかんにゅうsatellite

翻訳|satellite

2件 の用語解説(浅所貫入の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

浅所貫入

ハーカーが浅所貫入作用(satellite intrusion)として深成岩体に伴われる岩脈に使用した語であるが[Harker : 1909],デイリイは深成岩体に伴われるすべての型の貫入岩に用いた[Daly : 1914].浅所貫入は深所貫入作用によって地殻内に生じたマグマ溜りからマグマが分岐して比較的地下浅い所に貫入する作用である[渡辺編 : 1935].惑星の周囲を回る天体をsatelliteというが岩石学では上記のように異なった意味に使用する.

浅所貫入

主マグマとは熱的および静水圧的な関係が失われてしまったマグマの小岩体の貫入をいう.この語は中心噴火に伴われる餅盤(laccolith)やコノリス(chonolith)を論じる際によく使われる.浅所貫入はある小さな火道の微弱な活動の説明にも使用される[Daly : 1933].深い所の貫入作用によって地殻内に生じたマグマ溜まりからマグマが分岐して,比較的地下の浅い所に貫入する作用で,餅盤,岩床,普通の岩脈などはこの作用によって生じた火成岩体である[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone