コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅間造(り) センゲンヅクリ

3件 の用語解説(浅間造(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんげん‐づくり【浅間造(り)】

神社本殿形式の一。寄せ棟造りの上に、流れ造りの社殿をのせたもの。静岡県富士宮市浅間神社などにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浅間造【せんげんづくり】

富士宮市にある浅間神社社殿に代表される神社建築の様式。3間流造の社殿を,正面5間側面4間四注(しちゅう)造(葺下(ふきおろし))の上に重ねた2階建で,背面にも扉があり,神社建築としては特殊な形式。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅間造
せんげんづくり

浅間(あさま)神社の社殿にみられる二重からなる特殊な形式の建築をいう。静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社本殿は、初重が桁行(けたゆき)五間・梁間(はりま)四間で、正面に向拝(こうはい)がつく。この本殿の特徴は二重目に三間社流造(ながれづくり)の建物がのることで、神座はこの二重目に設けられる。もともと浅間神社は富士山を木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の依代(よりしろ)として拝するための神社であり、拝殿だけで本殿を必要としなかった。したがって、本殿がつくられるようになって、高峰富士の神を祀(まつ)るにふさわしく、二重の建物として上に神座を設けたと考えられる。俗に「静岡浅間(せんげん)」の名で知られる静岡市の神部(かんべ)神社、浅間(あさま)神社、大歳御祖(おおとしみおや)神社の拝殿も浅間造の建物であって、桁行七間・梁間四間の千鳥破風(ちどりはふ)のある切妻造の初重に、桁行三間・梁間三間の入母屋(いりもや)造の二重目がつくられている。この神社では本殿が拝殿裏の賤機(しずはた)山の中腹の高所に祀られるので、拝殿が浅間造として二重の建物とされたのであろう。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅間造(り)の関連キーワード浅間神社富士宮市富士宮富士詣で大鳥造岳神湧玉池イオン富士宮ショッピングセンター富士宮[市]富士宮ニジマス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone