コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士山本宮浅間大社 フジサンホングウセンゲンタイシャ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士山本宮浅間大社
ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ

静岡県富士宮(ふじのみや)市宮町に鎮座。富士山頂上に奥宮が鎮座。壮麗な富士山を神体として木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)を祀(まつ)る。全国1300余の浅間(あさま)神社の総本社。社伝で、孝霊(こうれい)天皇のとき富士山が噴火し国中が荒れたので、垂仁(すいにん)天皇のときになり山霊を鎮祭したのが創建という。延喜(えんぎ)の制で名神(みょうじん)大社、のち駿河(するが)国一宮(いちのみや)、明治の制で官幣大社。1982年(昭和57)3月、それまでの富士山本宮浅間神社の名称を現在の大社に変更した。2013年(平成25)には、富士山域と富士山本宮浅間大社を含めた周辺の神社、富士五湖、忍野八海(おしのはっかい)等の構成資産が「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産リストに登録された。例祭11月4日。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の富士山本宮浅間大社の言及

【浅間神社】より

…静岡県富士宮市宮町に鎮座。現在正式には富士山本宮浅間(あさま)大社という。浅間大神(あさまのおおかみ),またの名木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)命をまつる。…

※「富士山本宮浅間大社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富士山本宮浅間大社の関連キーワード浅間神社(あさまじんじゃ 富士山を信仰対象とした神社)浅間信仰(せんげんしんこう)静岡県富士宮市宮町神社(じんじゃ)静岡県富士宮市大宮(静岡県)富士宮(市)山宮浅間神社浅間神社富士権現

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富士山本宮浅間大社の関連情報