コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士山本宮浅間大社 フジサンホングウセンゲンタイシャ

2件 の用語解説(富士山本宮浅間大社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじさんほんぐう‐せんげんたいしゃ【富士山本宮浅間大社】

浅間神社(せんげんじんじゃ)の正称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士山本宮浅間大社
ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ

静岡県富士宮(ふじのみや)市宮町に鎮座。富士山頂上に奥宮が鎮座。壮麗な富士山を神体として木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)を祀(まつ)る。全国1300余の浅間(あさま)神社の総本社。社伝で、孝霊(こうれい)天皇のとき富士山が噴火し国中が荒れたので、垂仁(すいにん)天皇のときになり山霊を鎮祭したのが創建という。延喜(えんぎ)の制で名神(みょうじん)大社、のち駿河(するが)国一宮(いちのみや)、明治の制で官幣大社。1982年(昭和57)3月、それまでの富士山本宮浅間神社の名称を現在の大社に変更した。2013年(平成25)には、富士山域と富士山本宮浅間大社を含めた周辺の神社、富士五湖、忍野八海(おしのはっかい)等の構成資産が「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産リストに登録された。例祭11月4日。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の富士山本宮浅間大社の言及

【浅間神社】より

…静岡県富士宮市宮町に鎮座。現在正式には富士山本宮浅間(あさま)大社という。浅間大神(あさまのおおかみ),またの名木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)命をまつる。…

※「富士山本宮浅間大社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富士山本宮浅間大社の関連キーワード浅間神社伊豆山神社月山神社賀茂神社出羽神社白山神社下鴨神社上賀茂神社石鎚神社浅間造

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士山本宮浅間大社の関連情報