浪越徳治郎(読み)なみこし とくじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浪越徳治郎 なみこし-とくじろう

1905-2000 大正-平成時代の指圧師。
明治38年11月3日生まれ。大正14年室蘭で指圧治療院を開業。昭和15年東京に日本指圧学校(現日本指圧専門学校)を設立,21年日本指圧協会会長となる。43年からテレビのワイドショー番組に出演した。平成12年9月25日死去。94歳。香川県出身。著作に「自分でできる三分間指圧」など。
【格言など】指圧のこころ母ごころ,押せば生命(いのち)の泉わく

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android