コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮線綾 ふせんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮線綾
ふせんりょう

有職文様丸文の一種。本来は文様の線を浮かして織った綾織物の名称であったが,その文様にもっぱら臥蝶 (ふせちょう) の丸などの大型円文を用いたため,後世はこうした大型円文を浮線綾と呼ぶようになった。狩衣 (かりぎぬ) ,直衣 (のうし) ,二倍 (ふたえ) 織物の上紋 (うわもん) などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふせんりょう【浮線綾】

模様を浮き織りにした綾あや織物。
〔もとに多く用いられたところから〕 大形の丸模様。唐草を中心に花弁を四隅に配した模様、蝶が羽を広げて伏した模様などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮線綾の関連キーワードサントリー美術館裙帯(くたい)唐花浮線綾浮線綾文有職模様臥蝶の丸四隅唐草模様裙帯

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮線綾の関連情報