コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二倍織物 ふたえおりもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二倍織物
ふたえおりもの

二重織物とも書く。紋織物の一種。経緯糸同色の紋綾織の上に,さらに別の色糸で大型の模様を浮織に織り込んだもの。のちには亀甲や石畳などの地紋の上に浮紋綾の丸紋を繍うようになった。有職関係の装束に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふたえおりもの【二倍織物】

二重織物,二陪織物とも書く。紋織物の一種で,特に有職(ゆうそく)織物として知られる。一般に地紋のある綾地に,別の彩糸で浮文縫取織にしたものをいう。すなわち地文様の上に絵緯(えぬき)による上文(うわもん)が重なることから,二重(陪)織物の名称が生まれたといわれている。浮織物をさらに華やかにした感じのもので,主として童直衣(わらわのうし)の指貫(さしぬき),女房装束唐衣(からぎぬ),表着(うわぎ),小袿(こうちき)()などに用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の二倍織物の言及

【織物】より

…2本の経糸(たていと)と2越(こし)の緯糸(よこいと∥ぬきいと)という2組の糸の組合せを最低単位とし,織機を用いて作られたある幅と長さをもつ平面の総称。通常は経糸に対し緯糸が直角に交わって布面を構成するが,近年緯糸に対し経糸を左右斜めに走らせて布面を構成する斜織(ななめおり)が考案され,経糸と緯糸の直交という原則はあてはまらなくなった。
【起源】
 織物の起源とその伝播について明確な答えを出すことは不可能といってよい。…

※「二倍織物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二倍織物の関連キーワード二重織物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android