コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消える血尿と対策 きえるけつにょうとたいさく

家庭医学館の解説

きえるけつにょうとたいさく【消える血尿と対策】

 尿路からの出血でもIgA腎症(アイジーエーじんしょう)(「IgA腎症」)でも、発病したらずっと出血し続けるというものではありません。からだがもっている治癒力(ちゆりょく)がはたらき、自然に出血が止まってしまいます。止まらないまでも、出血の量が減って肉眼的血尿(目に見える血尿)がみられなくなることもよくあります。
 とくに無症候性血尿(コラム「無症候性血尿」)の場合は、血尿のほかに症状がないので、目に見える血尿がなくなれば「治った」と考えてしまいがちです。
 膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)の場合でも、1回だけ、あるいは1日だけ血尿があって、その後は止まってしまい、1年くらい何事もおこらなかったというのが、むしろふつうなのです。そして、このような血尿がくり返され、そこではじめて医師を受診し検査したところ、腫瘍がかなり大きくなっていたといわれ、びっくりする患者さんが多いのです。
 血尿は重大な病気を知らせる警鐘ですから、とくに肉眼的血尿が1回でもあったら、たとえ血尿が止まって、つぎの尿がなんでもなくても、詳しく調べてもらうことが絶対に必要です。今は血尿が止まっているから、もう少しようすをみようと考えることは、大きな落とし穴にはまることになります。
 残念ながら、血尿があっても薬を用いて血尿が止まると、しばらくようすをみている人がいるのですが、たとえ血尿が消えても、病気が消えたわけではありません。1回でも血尿があったら、迷わずに泌尿器科(ひにょうきか)などの専門医に相談してください。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

消える血尿と対策の関連キーワード線状IgA水疱症/疱疹状皮膚炎IgA腎症IgA腎症の診断基準無症候性たんぱく尿/血尿症候群慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)無症候性血尿線状IgA水疱性皮膚症食物アレルギー免疫グロブリンIgA腎症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android