コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無症候性血尿 むしょうこうせいけつにょう

2件 の用語解説(無症候性血尿の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

むしょうこうせいけつにょう【無症候性血尿】

 目で見える血尿以外には、とくにめだった症状がないものを無症候性(肉眼的)血尿といいます。腎臓(じんぞう)の病気では、慢性糸球体腎炎(まんせいしきゅうたいじんえん)、ことにIgA腎症(アイジーエーじんしょう)(「IgA腎症」)によるものが多く、尿路の病気では悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(移行上皮(いこうじょうひ)がん(「腎盂がん/尿管がん」))によるものがほとんどです。
 IgA腎症でおこる血尿は、かぜなどがあって、その後に血尿が出ることが多いのですが、そのときにはかぜの症状はほとんど治っていて、かぜと血尿を結びつけて医師に訴える人はめったにいません。
 尿路の腫瘍、たとえば膀胱腫瘍(ぼうこうしゅよう)ではおよそ90%の患者さんが無症候性の肉眼的血尿を訴えます。他の症状があるものは10%にすぎません。なお、膀胱がんのうち、上皮内(じょうひない)がんといわれるものでは、頻尿(ひんにょう)と排尿痛(はいにょうつう)をおもに訴えます。ごくまれに、血尿が出なくても偶然見つかることもあります。
 尿路の病気でも、結石(けっせき)や炎症はたいてい症状があります。尿管結石では激烈な痛み(疝痛(せんつう))とともに血尿が出ますし、尿路の結石による血尿は無症候性ではないことが多いのです。また、膀胱炎(ぼうこうえん)では排尿痛が、腎盂腎炎(じんうじんえん)では発熱が主症状で、血尿があっても無症候性ではありません。
 もちろん、膀胱腫瘍でも進行すれば排尿痛や頻尿、排尿困難がおこることもありますが、尿路の腫瘍による血尿は、無症候性と考えてほぼまちがいありません。
 血尿と誤りやすいものに、尿道からの出血があります。尿道そのものに原因がある場合、「血液が尿道から出る」ことがあるのです。尿とは関係なく下着に血がついたりします。この場合も痛くないことが多く、無症候性といえるのですが、血の出方を注意深く観察すれば、血尿とのちがいは明らかで、このことを知っていれば、検査の手間をだいぶ省くことができます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

デジタル大辞泉の解説

むしょうこうせい‐けつにょう〔ムシヤウコウセイケツネウ〕【無症候性血尿】

尿赤血球がみられるだけで、それ以外の症状を伴わない血尿

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無症候性血尿の言及

【膀胱癌】より

…症状は血尿が最も多い。血尿のみで他の症状をまったく欠くことが多く,これを無症候性血尿と呼び本症に特有である。腫瘍が原因となって膀胱炎を合併し,頻尿や排尿痛をくり返すこともある。…

※「無症候性血尿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無症候性血尿の関連キーワード血尿痘痕も靨白い目で見る長い目で見る目立つ目で見て口で言え余得視地平人国巒頭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無症候性血尿の関連情報