コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消つ ケツ

2件 の用語解説(消つの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

け・つ【消つ】

[動タ四]

㋐火を消す。
「世はただ火を―・ちたるやうに」〈・匂宮〉
㋑なくす。消滅させる。
「世を保ち給ふべき御宿世(すくせ)は―・たれぬものにこそ」〈・少女〉
蔑視する。ないがしろにする。けなす。
「つひにこの人をえ―・たずなりなむ事と、心病みおぼしけれど」〈・澪標〉
心の平静さをなくさせる。
「肝魂を―・ちて思ひける程に」〈平家・一一〉
圧倒する。
「いかばかりならむ人か、宮をば―・ち奉らむ」〈・東屋〉
[補説]平安時代、和歌や和文に多く用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けつ【消つ】

( 動四 )
消滅させる。消す。 「燃ゆる火を雪もて-・ち/万葉集 319」 「人知らば-・ちもしつべき思ひさへ/狭衣 2
心の平静さを失う。 「同類の悲しみ魂を-・つ/平家 7
ないがしろにする。軽んずる。 「さすがに心うつくしう人をも-・たず身をもやむごとなく心にくくもてなし/源氏 若菜上
凌駕する。圧倒する。 「かたちよき人は人を-・つこそにくけれ/源氏 東屋」 〔平安時代には和歌・和文に用いられ、鎌倉以降「消す」が一般的になり、すたれた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消つの関連キーワード消火口火を切る火叩き火を落とす火を掛ける火を吐く火を以て火を救う無常の風火消し壺吹消す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone