コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淋代平 さびしろたい

2件 の用語解説(淋代平の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

淋代平【さびしろたい】

青森県三沢市,小川原湖の東方の洪積台地で,標高は200m内外。草原が広がり,東側には狭い砂浜海岸が発達,淋代など小集落がある。1931年ハーンドンとパングボーンによる太平洋無着陸横断飛行の出発点として有名。
→関連項目三沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さびしろたい【淋代平】

青森県東部,小川原湖の東にあり,太平洋岸近くまで広がる台地。標高約20m。台地上には草地が広がり,馬の放牧地となっていた。淋代など海岸の集落は第2次世界大戦前は豊かな漁場をもち,イワシの地引網が盛んであったが,近年は漁業も不振で出稼者の多い所である。平たんな地形は飛行場に好適で,1931年アメリカ人飛行士ハーンドン,パングボーンによる世界初の太平洋無着陸横断飛行の出発点となった。現在の三沢空港もこの地形を利用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淋代平の関連情報