淵上旭江(読み)ふちがみ きょっこう

美術人名辞典の解説

淵上旭江

江戸後期の画家。備中の人。名は、字は白亀。13歳で画に志し、全国を行脚名勝を写す。歴遊23年の後、名画に詩を題した『山水奇観』をなし、のち十時梅鍋C僚・鯢佞靴憧・圓靴拭B臉梢豬遏δ斉鉗世忙媚・・蛙絏嶢耽擁・Δ砲茲・靴拭H嫻・蝋掌佑暴擦掘・膾笋破廚后J顕襲4年(1817)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淵上旭江 ふちがみ-きょっこう

1753-1816 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦3年生まれ。家業の農業をきらって絵に傾倒,大西酔月にまなぶ。二十余年間諸国を遊歴して名勝をえがき,これを「山水奇観」8巻におさめて刊行した。大坂にすみ,十時梅厓(ととき-ばいがい)らと交遊。文化13年2月5日死去。64歳。備前(岡山県)出身。名は禎。字(あざな)は白亀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android