コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添野覚平 そえの かくべい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

添野覚平 そえの-かくべい

1827-1891 江戸後期-明治時代の殖産家。
文政10年生まれ。下野(しもつけ)延島村(栃木県小山市)の名主。農業,酒造業をいとなみ,維新後栃木県の勧業委員,農地委員,絹村長を歴任。その間,荒地の開墾,鬼怒(きぬ)川の堤防の改修などにつとめる。養蚕業の振興にもつくし,結城紬(ゆうきつむぎ)の主産地に発展させた。明治24年死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

添野覚平の関連キーワードマクシモビッチマキシモヴィッチバーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャークカニング冬の旅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android