コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原良賢 きよはらの よしかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原良賢 きよはらの-よしかた

?-1432 南北朝-室町時代の官吏,儒者。
大外記(だいげき)清原宗季の子。家学明経(みょうぎょう)道をつぐ。大外記となって明経博士をつとめる。後光厳(ごこうごん)・後円融・後小松の3代の天皇の侍読として,新義をとりいれて儒典を講じ,家学を発展させた。永享4年10月29日死去。十三回忌に従三位を追贈された。号は文翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清原良賢

没年:永享4.10.29(1432.11.21)
生年:生年不詳
南北朝期の儒学者。清原宗季の子。号は文翁。大膳大夫,主税頭,主水正を経て少納言,大外記に任じられ明経博士となり,内昇殿を許され,後光厳・後円融・後小松天皇の歴代侍読として家学を興し,応永4(1397)年剃髪。法名常宗。古注を根幹とし新注を加味して儒典を講じ,『古文尚書』と『毛詩』の講釈を得意とし,趙註孟子の篇叙を初めて講誦した。称光天皇宸筆の論語抄は子の頼季の講とされるが,良賢の説によっており,初期抄物の形態として貴重である。十三回忌の文安1(1444)年10月に従三位を追贈された。

(山崎誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよはらよしかた【清原良賢】

?‐1432(永享4)
室町前期の公家,学者。父は大外記宗季。大膳大夫,主税頭,少納言,大外記等を歴任。明経道(みようぎようどう)を家学とする清原家は,長らく伝統的な古注によっていたが,良賢のときに新義を取り入れて家学を発展させた。1397年(応永4)出家して常宗と号し,1432年10月没した。1444年(文安1)従三位を贈位されたが,これは〈当道初例也〉と清原家にとっては名誉なことであった。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清原良賢の関連キーワード室町時代儒者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android