コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清宮彬 せいみやひとし

2件 の用語解説(清宮彬の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

清宮彬【せいみやひとし】

洋画家,版画家。広島市生れ。白馬会研究所で学び,1912年フュウザン会,1915年草土社の創立に参加。のち,日本版画家協会会員として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清宮彬 せいみや-ひとし

1886-1969 大正-昭和時代の洋画家,版画家。
明治19年12月23日生まれ。白馬会葵橋(あおいばし)洋画研究所にまなび,岸田劉生(りゅうせい)と知りあう。ヒュウザン会,草土社結成に参加。ポスター,本の装丁でも活躍。大正11年から本格的に木版画を制作,昭和6年日本版画協会創立会員。昭和44年10月5日死去。82歳。広島県出身。東京府立第一中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の清宮彬の言及

【フュウザン会】より

…フュザンfusainとはデッサン用の木炭のこと。1912年(大正1)斎藤与里(より)(1885‐1959),岸田劉生,清宮彬(せいみやひとし)(1888‐1969)が発起して結成,その年10月に銀座京橋の読売新聞社3階で第1回展覧会をひらいた。結成当初は〈ヒュウザン会〉と称し,のちフュウザン会に改められた。…

※「清宮彬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清宮彬の関連キーワード浜田葆光川島理一郎黒田重太郎太田三郎油谷達有馬三斗枝太田三郎(2)亀高文子鶴田吾郎不破章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone