コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清宮彬 せいみやひとし

百科事典マイペディアの解説

清宮彬【せいみやひとし】

洋画家,版画家。広島市生れ。白馬会研究所で学び,1912年フュウザン会,1915年草土社の創立に参加。のち,日本版画家協会会員として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清宮彬 せいみや-ひとし

1886-1969 大正-昭和時代の洋画家,版画家。
明治19年12月23日生まれ。白馬会葵橋(あおいばし)洋画研究所にまなび,岸田劉生(りゅうせい)と知りあう。ヒュウザン会,草土社結成に参加。ポスター,本の装丁でも活躍。大正11年から本格的に木版画を制作,昭和6年日本版画協会創立会員。昭和44年10月5日死去。82歳。広島県出身。東京府立第一中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の清宮彬の言及

【フュウザン会】より

…フュザンfusainとはデッサン用の木炭のこと。1912年(大正1)斎藤与里(より)(1885‐1959),岸田劉生,清宮彬(せいみやひとし)(1888‐1969)が発起して結成,その年10月に銀座京橋の読売新聞社3階で第1回展覧会をひらいた。結成当初は〈ヒュウザン会〉と称し,のちフュウザン会に改められた。…

※「清宮彬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報