コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清瀬白山 きよせ はくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清瀬白山 きよせ-はくざん

1802-1882 江戸後期-明治時代の画家。
享和2年生まれ。はじめ四条派の絵をえがく。のち文人画を菅井梅関(すがい-ばいかん)に,儒学と書を頼(らい)山陽にまなぶ。陸奥(むつ)福島の小杉家に20年あまり滞在し,明治15年死去。81歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。名は清興

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清瀬白山の関連キーワード光の科学史ボアソナード早稲田大学グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android