コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清瀬白山 きよせ はくざん

1件 の用語解説(清瀬白山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清瀬白山 きよせ-はくざん

1802-1882 江戸後期-明治時代の画家。
享和2年生まれ。はじめ四条派の絵をえがく。のち文人画を菅井梅関(すがい-ばいかん)に,儒学と書を頼(らい)山陽にまなぶ。陸奥(むつ)福島の小杉家に20年あまり滞在し,明治15年死去。81歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。名は清興。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

清瀬白山の関連キーワード光の科学史早稲田大学グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫工場法タイソン党の乱箱館奉行

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone