(読み)カツ

  • かっ・す
  • かっ・する
  • 漢字項目

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

のどのかわきによる水分摂取の欲望をいう。通常、人体は1日当り1.3~2.0リットルの水分を尿、汗、糞便(ふんべん)などにより失っているので、これに相当する水分が補給されなければ、水分を摂取しようとする欲望、すなわち渇をおこすわけである。一方、病的な渇は、種々の疾病あるいは多量の水分の排泄(はいせつ)を伴う症状の結果としておこることが多い。糖尿病の場合、血中ブドウ糖の上昇により組織細胞の脱水をきたし、口渇を訴えるため、水分の摂取が増加し、腎(じん)機能の異常と相まって多尿をおこす。下痢、嘔吐(おうと)の激しい消化器系疾患の場合にも渇の状態がおこり、臨床的には異常に多量で、しかも比重の低い尿を排泄するのを特徴としている、下垂体(脳下垂体)の後葉機能低下症として知られている尿崩(にょうほう)症でも口渇および全身の皮膚乾燥などを訴える。

[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① のどがかわくこと。かわき。
※海道記(1223頃)序「地恩の水に口すすぎて渇をうるほす」 〔詩経‐小雅・采薇〕
② (「飢渇」の意に転じて) 飲食物が欠乏すること。
③ 欲求を満たしたいと願い求めること。また、その気持。欠乏感。→渇を癒(いや)す
④ 水がかわいてなくなること。水が枯れること。
〘自サ変〙 かっ・す 〘自サ変〙
① のどがかわく。
※太平記(14C後)六「水に渇(カッ)せる堪え難さに、皆降人に成てぞ出たりける」
※謡曲・歌占(1432頃)「飢ゑては鉄丸を呑み、渇しては銅汁を飲むとかや、地獄の苦しみは無量なり」
② 物が欠乏する。また、欠乏を感じてそれを強く求める。望む。
※雑俳・柳筥(1783‐86)二「渇してもなどと後家への意見也」
※土(1910)〈長塚節〉二四「只管(ひたすら)に他人の同情に渇(カッ)して居たお品の母の何物かを求めるやうな態度が」
③ 水がかれる。
〘自サ変〙 ⇒かっする(渇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渇の関連情報