コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺卯三郎 わたなべ うさぶろう

1件 の用語解説(渡辺卯三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺卯三郎 わたなべ-うさぶろう

1831-1881 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)2年生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩士。金沢で黒川良安にまなぶ。嘉永(かえい)元年大坂の適塾にはいり,6年塾頭。安政4年藩医となる。維新後,藩校時習館洋学部門の董正(とうせい)館でおしえた。明治14年6月21日死去。51歳。名は知行。号は北渚。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渡辺卯三郎の関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学ゴローニンメイランペドロ林遠里日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone