コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺広成 わたなべ ひろなり

1件 の用語解説(渡辺広成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺広成 わたなべ-ひろなり

1826*-1887 幕末-明治時代の儒者。
文政8年12月16日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。小川鴎亭(おうてい)にまなび,天保(てんぽう)12年大番衛士,嘉永(かえい)元年藩校明徳館の書記となる。維新後は権(ごんの)少参事,明徳館幹事。娘の孝は町田忠治の妻。明治20年1月24日死去。63歳。字(あざな)は子業。通称は多門。号は勤斎,雲濤。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渡辺広成の関連キーワードハウフ玻璃玄武岩クルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録東京芸術大学120周年雑誌

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone