町田忠治(読み)まちだちゅうじ

  • 1863―1946
  • まちだちゅうじ〔チユウヂ〕
  • 町田忠治 まちだ-ちゅうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]文久3 (1863).3.30. 出羽
[没]1946.11.12. 東京
明治・大正・昭和期の政治家。秋田藩士の子として生まれる。1887年に帝国大学(→東京大学)を卒業。官界に入ったが 1888年新聞界に転じ,『朝野新聞』『郵便報知新聞』を経て,1895年に東洋経済新報社(→東洋経済新報)を創設した。1899年山口銀行総理事となり,関西財界に地盤を築いた。1912年に衆議院議員となり,以来 10回当選。1926年の第1次若槻礼次郎内閣,1929年の浜口雄幸内閣,1931年の第2次若槻内閣で農林大臣を務めた。1934年の岡田啓介内閣では商工大臣,のち大蔵大臣を兼任。1935年立憲民政党総裁となり,1937年近衛文麿内閣参議,1944年小磯国昭内閣の国務大臣を務めた。第2次世界大戦後,日本進歩党結成総裁となったが,1946年に公職追放され政界を退いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

政治家。出羽(でわ)秋田藩士の子。東大卒。法制局朝野新聞郵便報知新聞を経て1895年東洋経済新報社を創立。翌年同社を天野為之に譲り,日本銀行に入り,のち大阪の山口銀行(のち統合して三和銀行)の総理事。1912年衆議院に当選。農相・商工相・蔵相等を歴任。1935年立憲民政党総裁となる。1945年,第2次大戦後に日本進歩党を結成して総裁。1946年公職追放。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1863-1946 明治-昭和時代の政治家。
文久3年3月30日生まれ。明治28年東洋経済新報社を創立。翌年日本銀行にはいり,のち山口銀行総理事,報知新聞社長となる。45年衆議院議員(当選10回)。農相,商工相,蔵相,国務相などを歴任。戦後日本進歩党を結成,総裁となった。昭和21年11月12日死去。84歳。出羽(でわ)秋田出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1863‐1946(文久3‐昭和21)
政治家。秋田に生まれる。1887年東京帝国大学法科選科を卒業し,法制局に入るが1年で退官,《朝野新聞》に入り,犬養尾崎行雄,大隈重信らに知られる。同新聞廃刊で91年《郵便報知新聞》に移り,93‐94年外遊,95年東洋経済新報社を創立したが翌年には天野為之に譲り,日本銀行に入り,さらに99年山口銀行に招かれて経営にあたる。1912年秋田より衆議院議員に当選,以後当選10回。立憲国民党,立憲同志会,憲政会,立憲民政党に所属,第1次若槻礼次郎,浜口雄幸,第2次若槻各内閣の農林大臣,岡田啓介内閣の商工大臣,第1次近衛文麿,平沼騏一郎,第2次近衛各内閣の内閣参議小磯国昭内閣の国務大臣を歴任。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治後期から昭和前期の政治家。文久(ぶんきゅう)3年3月30日秋田藩士の家に生まれる。帝国大学法科大学選科卒業。犬養毅(いぬかいつよし)の知遇を得て言論界に投じ、『朝野新聞』『郵便報知新聞』記者を経て、1895年(明治28)東洋経済新報社を創立、社長となったがまもなく辞任。その後、日本銀行副支配役、山口銀行総理事などを経て政界に入り、1912年以来、衆議院議員当選10回。立憲国民党、立憲同志会、憲政会、立憲民政党の幹部として活躍。この間、報知新聞社長を務めた。1926年(大正15)第一次若槻礼次郎(わかつきれいじろう)内閣の農相、ついで浜口雄幸(はまぐちおさち)内閣、第二次若槻内閣の農相、岡田啓介(けいすけ)内閣の商工相を歴任し、米価調節、蚕糸対策などにあたった。1935年(昭和10)立憲民政党総裁に就任、政党政治家の長老として新体制運動に抵抗したが時流に抗しえず、1940年民政党は解党し大政翼賛会に加わった。1944年小磯国昭(こいそくにあき)内閣に入閣。第二次世界大戦後の1945年(昭和20)日本進歩党総裁となったが、翌1946年公職追放により辞任した。昭和21年11月12日死去。

[鳥海 靖]

『松村謙三著『町田忠治翁伝』(1950・町田忠治翁伝記刊行会)』『町田忠治伝記研究会編著『町田忠治』伝記編・史料編(1996・桜田会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

政治家。秋田藩出身。若槻・浜口内閣の農相、岡田内閣の大蔵・商工相、小磯内閣の国務相。昭和一〇年(一九三五)民政党総裁。第二次大戦後日本進歩党(後の日本民主党)の総裁となる。文久三~昭和二一年(一八六三‐一九四六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の町田忠治の言及

【進歩党】より

…公職追放で議員の95%弱である260名を失い,46年4月の総選挙では当選94名で社会党とほぼ同数であり第二党の地位しか得られず,保守主流の役を自由党に譲る結果となった。党首には初め宇垣一成を擁立する動きがあったが,45年12月18日町田忠治を総裁に決定,町田が追放されて以降は斎藤,犬養健らで運営,46年4月に入ってようやく首相を辞任した幣原喜重郎を総裁として迎え入れた。幣原内閣の与党であった進歩党は国民の批判を浴びて苦境に立っていたが,第1次吉田茂内閣の成立で救われ,再び与党として閣僚を送った。…

【東洋経済新報】より

…1895年11月15日,町田忠治設立の東洋経済新報社(同日設立)から旬刊誌として創刊された,政治,経済を中心とした論説誌。1919年10月4日号から週刊となる。…

※「町田忠治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android