渡辺静庵(読み)わたなべ せいあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺静庵 わたなべ-せいあん

1808-1880 江戸後期-明治時代の医師。
文化5年7月17日生まれ。渡辺洪基の父。大岩主一,小石元瑞(げんずい),日野鼎哉(ていさい)に西洋医学をまなぶ。郷里越前(えちぜん)府中(福井県武生市)で開業し,種痘館を設立して長崎でまなんだ種痘を実施。明治13年6月10日死去。73歳。名は直。字(あざな)は子方。通称は等。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android