コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺洪基 わたなべこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡辺洪基
わたなべこうき

[生]弘化4(1847).4.12. 越前,武生
[没]1901.5.24. 東京
明治の官吏,東京大学総長。福井藩士の家に生れる。幼名孝一郎。漢学を学び,江戸に出て佐倉の蘭学者佐藤舜海に師事。開成所,福沢諭吉塾に学び,慶応3 (1867) 年医学所出仕,明治2 (69) 年大学助教となり,1873年外務大録として外務省に入り,イタリア,オーストリアに在任。岩倉遣外使節には二等書記官として随行,次いで外務省大書記官として『外交志略』編纂を主宰した。 79年学習院院長,84年工部少輔,85年東京府知事を歴任,翌年3月森有礼のもとで制度を改正し東京大学の総長に任じられ,90年駐オーストリア特命全権公使となる。これより先 82年元老院議官をつとめたが,92年には衆議院議員,1900年には勅選貴族院議員となり,また政友会創立委員でもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺洪基 わたなべ-こうき

1848*-1901 明治時代の官僚,政治家。
弘化(こうか)4年12月23日生まれ。渡辺静庵の長男。佐藤舜海,福沢諭吉の塾でまなぶ。明治4年岩倉遣外使節団に随行。外務省,太政官につとめ,元老院議官,東京府知事,帝国大学初代総長などを歴任。25年衆議院議員,のち貴族院議員。政友会創立に参画した。明治34年5月24日死去。55歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺洪基

没年:明治34.5.24(1901)
生年:弘化4.12.23(1848.1.28)
明治時代の官僚。越前(福井県)武生の医師渡辺静庵と妻蔦埜の長子に生まれた。2歳のとき福井で最初の種痘を父より受く。維新前,佐倉の佐藤舜海 に医学,福沢諭吉の塾(のちの慶応義塾)で洋学を学び,医を捨て政治兵学をとることを決意。戊辰戦争では旧幕府側につくが許され,明治2(1869)年政府に出仕,4年岩倉遣外使節団に随行。帰国後,外務省に勤務。11年学習院次長として学内規則を整備。13年太政官法制部主事として集会条例を起草,民権派から攻撃された。18年東京府知事,19年初代帝大総長,その後駐オーストリア公使,貴族院議員,立憲政友会創立委員などを歴任した。

(吉家定夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

渡辺洪基の関連キーワード志賀 祐五郎須崎 芳三郎丸山 孝一郎工学院大学須崎芳三郎明治美術会リース没年漢学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android