温州蜜柑・雲州蜜柑(読み)うんしゅうみかん

  • うんしゅうみかん ウンシウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ミカン科の常緑低木。日本の中部および南部で広く栽培される。日本で創製した品種。高さ約三メートル。葉は長さ七~一〇センチメートルの楕円形で先はとがる。初夏白い五弁の花が咲く。実は直径五~八センチメートルで、やや扁球形。外皮が薄く、熟すると橙黄色となり、ふつう九~一三個の胞(ほう)をもち、種子はなく汁が多くて食用に適する。原種とみられる在来(筑後)温州をはじめ、早生(わせ)温州、尾張温州、池田温州などの品種がある。「うんしゅう」は「温州」または「雲州」と書くが、中国の地名「温州」(浙江省)や日本の「出雲国」(島根県)とは無関係。うんしゅう。うんじゅうきつ。うんじゅきつ。うじゅきつ。《季・冬》
※増訂豆州志稿七(1888‐95)「一種雲州蜜柑と称する者、味殊に美なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android