コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉ヶ岳(読み)ゆぜんがたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温泉ヶ岳
ゆぜんがたけ

栃木県群馬県県境にある山。標高 2330m。日光火山群に属し,新第三紀末に噴出したと考えられている。山体流紋岩で構成されるが,山腹は著しく変質し,岩石の表面が赤褐色に露出。山頂から北西の根名草山に向かう尾根はハイキングコースで,ミズナラブナ,モミ,ツガなどの巨木が多い。東麓刈込湖切込湖西麓菅沼があり金精道路が通ずる。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android