コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉ヶ岳 ゆぜんがたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温泉ヶ岳
ゆぜんがたけ

栃木県群馬県県境にある山。標高 2330m。日光火山群に属し,新第三紀末に噴出したと考えられている。山体流紋岩で構成されるが,山腹は著しく変質し,岩石の表面が赤褐色に露出。山頂から北西の根名草山に向かう尾根はハイキングコースで,ミズナラブナ,モミ,ツガなどの巨木が多い。東麓刈込湖切込湖西麓菅沼があり金精道路が通ずる。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

温泉ヶ岳の関連キーワード湯元温泉金精峠

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android