コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯峰[温泉](読み)ゆのみね

百科事典マイペディアの解説

湯峰[温泉]【ゆのみね】

和歌山県本宮町(現・田辺市)にある国民保養温泉。硫黄泉。93℃。成務天皇の代の発見とされ,《中右記》などにみえている。江戸時代には湯坪が4ヵ所であった。湯峰川の渓谷にわき,熊野街道の中辺路に沿う。熊野本宮大社に近く,古くから熊野詣の休息地として開けた。新宮市からバス。
→関連項目田辺[市]本宮[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android