コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船越 ふなこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船越
ふなこし

広島市南東部,安芸区の海田湾北岸の地区。旧町名。 1975年広島市に編入。山陽道に沿って東から海田市 (かいだいち) ,船越,府中と続く小村の1つであったが,江戸時代から大正期にかけて前面の海田湾の干拓が進み,1920年,製鋼所が立地して発展の端緒となった。第2次世界大戦後の 55年頃から自動車関連工場や住宅地がふえて近郊住宅地となった。

船越
ふなこし

愛媛県南西端,西海半島基部にある漁村,愛南町西海地区の中心集落。足摺宇和海国立公園の観光拠点で,宇和海海域公園地区で知られる鹿島へは定期観光船が発着する。船越-平城(御荘地区)間に県道320号船越平城線が通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

船越【ふなこし】

陸地が細くくびれて両側が海に臨む地。船をかついで越すのでつけられた呼称とされ,広島県広島市,岩手県山田町,三重県志摩市長崎県対馬市(対馬の大船越)などに地名として残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船越
ふなこし

広島市東部、安芸(あき)区の一地区。旧船越町。広島湾に面し、江戸時代に新田化された地で、現在は日本製鋼所やその下請工場が多く立地する。広島市中央卸売市場東部市場がある。[北川建次]
『『船越町史』(1981・広島市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の船越の言及

【男鹿[市]】より

…1954年,船川港町と隣接4村が合体して市制。翌年,船越町,北浦町を編入。人口3万2484(1995)。…

※「船越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船越の関連情報