船越(読み)ふなこし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船越
ふなこし

広島市南東部,安芸区の海田湾北岸の地区。旧町名。 1975年広島市に編入山陽道に沿って東から海田市 (かいだいち) ,船越,府中と続く小村の1つであったが,江戸時代から大正期にかけて前面の海田湾の干拓が進み,1920年,製鋼所が立地して発展の端緒となった。第2次世界大戦後の 55年頃から自動車関連工場や住宅地がふえて近郊住宅地となった。

船越
ふなこし

愛媛県南西端,西海半島基部にある漁村愛南町西海地区の中心集落。足摺宇和海国立公園の観光拠点で,宇和海海域公園地区で知られる鹿島へは定期観光船が発着する。船越-平城(御荘地区)間に県道320号船越平城線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船越
ふなこし

広島市東部、安芸(あき)区の一地区。旧船越町。広島湾に面し、江戸時代に新田化された地で、現在は日本製鋼所やその下請工場が多く立地する。広島市中央卸売市場東部市場がある。[北川建次]
『『船越町史』(1981・広島市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふな‐こし【船越】

〘名〙 (「ふなごし」とも)
① (船をかついで越したところから) 半島などで、陸地の幅が最も狭いところ。
② 船から船へ板をかけて、その上を越して渡ること。また、船を越して向こうに渡ること。
※長唄・両国八景(1876)「船なればこそ涼ぞと、いひし橋間の船ごしに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の船越の言及

【男鹿[市]】より

…1954年,船川港町と隣接4村が合体して市制。翌年,船越町,北浦町を編入。人口3万2484(1995)。…

※「船越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船越の関連情報