コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯川康平 ゆかわ やすひら

1件 の用語解説(湯川康平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯川康平 ゆかわ-やすひら

1914-2001 昭和時代の軍人,実業家。
大正3年1月14日生まれ。昭和11年陸軍少尉のとき二・二六事件警視庁襲撃にくわわり,無期禁固刑となる。出獄後の17年東肥航空機工業を設立し,社長。軍事工業会理事などをつとめ,戦後に公職追放。35年日韓貿易協会専務理事,東洋化工建設社長となる。平成13年4月7日死去。87歳。熊本県出身。陸軍士官学校卒。旧姓は清原。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

湯川康平の関連キーワード岩村清一児玉常雄関谷連三高橋八郎武井大助中村静嘉林八郎町田敬二森連吉田悳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone