コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅宗業 ゆあさ むねなり

2件 の用語解説(湯浅宗業の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅宗業 ゆあさ-むねなり

1195-? 鎌倉時代の武士。
建久6年生まれ。湯浅宗光の次男。紀伊(きい)保田(やすだの)荘(和歌山県)の地頭。京都在住がながく,明恵(みょうえ)に帰依(きえ)し,一流の教養人といわれた。荘内に星尾寺を草創,その開基の経緯をしるした「智眼置文(おきぶみ)」が高山寺にのこる。通称は保田次郎左衛門尉。法名は智眼。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

湯浅宗業

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建久6?(1195)
鎌倉中期の武士。宗光と住心の子。紀伊国保田荘(和歌山県有田市)を本拠とし,保田次郎左衛門尉と呼ばれた。在京して六波羅探題に仕えた。弘長2(1262)年,出家して智眼と号す。『十訓抄』の作者ともいわれる。

(高橋慎一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の湯浅宗業の言及

【十訓抄】より

…〈じっくんしょう〉とも。のちに出家して智眼(ちげん)と名のり,六波羅二﨟左衛門(ろくはらにろうさえもん)入道とも呼ばれた湯浅宗業(むねなり)が,まだ京都六波羅に仕えていたころに執筆したもの,と推測されている。1252年(建長4)成立。…

※「湯浅宗業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯浅宗業の関連キーワード定勝安西景益大友親秀三条実親真仏(1)平康盛津戸為守長尾景煕藤原盛景山名重国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone