コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅宗業 ゆあさ むねなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅宗業 ゆあさ-むねなり

1195-? 鎌倉時代の武士。
建久6年生まれ。湯浅宗光の次男。紀伊(きい)保田(やすだの)荘(和歌山県)の地頭。京都在住がながく,明恵(みょうえ)に帰依(きえ)し,一流の教養人といわれた。荘内に星尾寺を草創,その開基の経緯をしるした「智眼置文(おきぶみ)」が高山寺にのこる。通称は保田次郎左衛門尉。法名は智眼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

湯浅宗業

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建久6?(1195)
鎌倉中期の武士。宗光と住心の子。紀伊国保田荘(和歌山県有田市)を本拠とし,保田次郎左衛門尉と呼ばれた。在京して六波羅探題に仕えた。弘長2(1262)年,出家して智眼と号す。『十訓抄』の作者ともいわれる。

(高橋慎一朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の湯浅宗業の言及

【十訓抄】より

…〈じっくんしょう〉とも。のちに出家して智眼(ちげん)と名のり,六波羅二﨟左衛門(ろくはらにろうさえもん)入道とも呼ばれた湯浅宗業(むねなり)が,まだ京都六波羅に仕えていたころに執筆したもの,と推測されている。1252年(建長4)成立。…

※「湯浅宗業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯浅宗業の関連キーワード湯浅宗家鎌倉時代没年

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android