コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯長谷藩 ゆながやはん

2件 の用語解説(湯長谷藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯長谷藩
ゆながやはん

江戸時代,陸奥国磐前郡湯長谷地方 (福島県) を領有した藩。寛文 10 (1670) 年同国磐城平藩内藤頼長が弟頼直 (遠山姓) に新墾田1万石を分与し,湯本に立藩して以来内藤氏が領有。延宝8 (80) 年湯長谷に移り,貞享4 (87) 年までに丹波 (京都府) ,河内 (大阪府) に加封があって1万 5000石となり,明治1 (1868) 年に 1000石を減封されて廃藩置県にいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯長谷藩
ゆながやはん

陸奥(むつ)国磐前(いわさき)郡下湯長谷村(福島県いわき市)周辺を領有した譜代(ふだい)藩。陣屋持。1670年(寛文10)磐城平(いわきたいら)藩主内藤忠興(ただおき)の三男遠山政亮(まさすけ)(頼直(よりなお))が磐前・菊多(きくた)郡のうち新墾田1万石を分与されて成立。以後14代200年在封。1681年(天和1)大番頭(おおばんがしら)に昇進、翌82年丹波(たんば)国(京都府)内に2000石加増。87年(貞享4)大坂定番(じょうばん)となり、河内(かわち)国(大阪府)に3000石加増、あわせて1万5000石を領した。政貞(まささだ)のとき内藤姓に復した。安政(あんせい)年間(1854~60)に領内白水(しらみず)村(いわき市内郷(うちごう))から石炭が発見され、1863年(文久3)2万6000俵も掘り出されたといわれる。戊辰(ぼしん)戦争では、奥羽列藩同盟に加わったことを理由に1000石を減封、1871年(明治4)廃藩置県で湯長谷県となり、平(たいら)県、磐前県を経て福島県に編入された。[誉田 宏]
『『いわき市史』(1975・いわき市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯長谷藩の関連キーワード伊能福島県いわき市常磐上湯長谷町福島県いわき市常磐上湯長谷町扇田福島県いわき市常磐上湯長谷町嶽道福島県いわき市常磐上湯長谷町森福島県いわき市常磐下湯長谷町福島県いわき市常磐下湯長谷町シザ福島県いわき市常磐下湯長谷町古館福島県いわき市常磐下湯長谷町道下内藤政業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯長谷藩の関連情報