コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿性ガス シッセイガス

3件 の用語解説(湿性ガスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しっせい‐ガス【湿性ガス】

主成分のメタン以外にエタンプロパンブタンペンタンヘキサンなどを多く含む可燃性の天然ガス。常温常圧で液状に凝縮する成分を含むことから、こうよばれる。湿性天然ガス。→乾性ガス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿性ガス
しっせいガス

乾性ガス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湿性ガス
しっせいがす
wet gas

天然ガスのうち、主成分メタンのほかに、エタンプロパンブタン、ペンタン、ヘキサンなどの比較的重い炭化水素の含有量が多いものをいう。乾性ガスに対比される語で湿性天然ガスともいう。重いものは常温・常圧でも液体となることから、こうよばれる。プロパンより重い重質炭化水素は一括して天然ガス液NGLnatural gas liquid)とよばれることがある。石油の産出に伴って油田から随伴してくる天然ガスは湿性ガスであることが多く、中東やアフリカで産出している天然ガスはほとんど随伴ガスである。[富田 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の湿性ガスの言及

【天然ガス】より

… 天然ガスの主成分はパラフィン系炭化水素で,メタンCH4が最も多いが,さらにCの数が多いエタン,プロパン,ブタン,ペンタン,……などを含むガスも多い(表参照)。ペンタン以上は常温常圧では液相として析出し,これらを含むガスを〈湿性ガス〉といい,メタンが多く,これらの液相を含まないガスを〈乾性ガス〉という。湿性ガスから採取されるガソリンを天然ガソリン(NGL)という。…

※「湿性ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湿性ガスの関連キーワード乾性ガスプロパンガスメタン系炭化水素主成分インタンジブルプロパティー飽和炭化水素2-メチルプロパンでめきんのめめたんパンタンめめたん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湿性ガスの関連情報