湿性ガス(読み)しっせいがす(英語表記)wet gas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湿性ガス
しっせいがす
wet gas

天然ガスのうち、主成分のメタンのほかに、エタン、プロパン、ブタン、ペンタン、ヘキサンなどの比較的重い炭化水素の含有量が多いものをいう。乾性ガスに対比される語で湿性天然ガスともいう。重いものは常温・常圧でも液体となることから、こうよばれる。プロパンより重い重質炭化水素は一括して天然ガス液(NGL=natural gas liquid)とよばれることがある。石油の産出に伴って油田から随伴してくる天然ガスは湿性ガスであることが多く、中東やアフリカで産出している天然ガスはほとんど随伴ガスである。

[富田 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

湿性ガス
シッセイガス
wet gas

天然ガスのうち,メタンのほかにエタンプロパンブタン,液状炭化水素などの成分を多量に含むものをいう.油田地帯から産出する石油系の天然ガスには湿性ガスが多い.これに対して,エタン以上の炭化水素をほとんど含まない天然ガスは乾性ガスとよばれる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の湿性ガスの言及

【天然ガス】より

… 天然ガスの主成分はパラフィン系炭化水素で,メタンCH4が最も多いが,さらにCの数が多いエタン,プロパン,ブタン,ペンタン,……などを含むガスも多い(表参照)。ペンタン以上は常温常圧では液相として析出し,これらを含むガスを〈湿性ガス〉といい,メタンが多く,これらの液相を含まないガスを〈乾性ガス〉という。湿性ガスから採取されるガソリンを天然ガソリン(NGL)という。…

※「湿性ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報