満田弥三右衛門(読み)みつた やそうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

満田弥三右衛門 みつた-やそうえもん

1202-1282 鎌倉時代の織工。
建仁(けんにん)2年10月15日生まれ。博多織の伝承上の創始者。筑前(ちくぜん)(福岡県)博多の商人。円爾(えんに)にしたがって宋(そう)(中国)にわたり広東織,緞子(どんす)織の技法をまなんで帰国。仏具を図案化した独鈷(どっこ),華皿(はなざら)文の浮き織りを考案したという。弘安(こうあん)5年8月25日死去。81歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

満田弥三右衛門 (みつたやそうえもん)

生年月日:1202年10月15日
鎌倉時代前期の織工
1282年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android