コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源仁 げんにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源仁 げんにん

818-887 平安時代前期の僧。
弘仁(こうにん)9年生まれ。真言宗。元興(がんごう)寺の護命(ごみょう)に法相(ほっそう)を,東寺実恵(じちえ)に真言をまなぶ。また真雅(しんが),宗叡(しゅうえい)に師事して灌頂(かんじょう)をうけ,内供奉(ないぐぶ)十禅師,東寺二長者となる。南池院を建立し,成願寺と称した。弟子に益信(やくしん),聖宝(しょうぼう)。仁和(にんな)3年11月22日死去。70歳。通称は池上僧都(いけがみのそうず)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源仁の関連キーワード大江親広東密声明

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源仁の関連情報