コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源光保 みなもとの みつやす

2件 の用語解説(源光保の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源光保 みなもとの-みつやす

?-1160 平安時代後期の武将。
父は源光国。母は大中臣輔清(おおなかとみの-すけきよ)の娘。左衛門尉(じょう),検非違使(けびいし),出雲守(いずものかみ)を歴任。娘(土佐局)が鳥羽(とば)法皇の晩年に寵愛(ちょうあい)されたため,側近として昇進。平治(へいじ)の乱ではじめ源義朝方につき,藤原通憲(みちのり)を捕らえる。永暦(えいりゃく)元年6月後白河上皇への謀反の疑いで薩摩(さつま)に流され,途中で殺された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源光保

没年:永暦1(1160)
生年:生年不詳
平安末期の武将。源光国と大中臣輔清の娘の子で光信の異母弟。検非違使,左衛門尉,出雲守などを歴任している。鳥羽法皇の「最後ノ御オモヒ人」の父。平治の乱(1159)で藤原信頼に与同したが史料上に処罰はみえず,翌永暦1(1160)年謀反の疑いで配流,殺害された。

(木村真美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源光保の関連キーワード石田為久鎌田盛政河崎重家河崎基家行恵志内景澄素覚三浦義継源義隆源義業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone