コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源俊明 みなもとの としあきら

3件 の用語解説(源俊明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源俊明 みなもとの-としあきら

1044-1114 平安時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
寛徳元年生まれ。源隆国の3男。承保(じょうほう)2年(1075)参議。のち正二位,大納言兼民部卿。白河院の別当をつとめた。摂関家の藤原忠実(ただざね)にもおもんじられ,鳥羽(とば)天皇即位のとき,天皇の外戚(がいせき)藤原公実(きんざね)がのぞんだ摂政就任を阻止したという。永久2年12月2日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源俊明

没年:永久2.12.2(1114.12.30)
生年:寛徳1(1044)
平安後期の公卿。醍醐源氏権大納言源隆国と左大弁源経頼の娘の子。白河天皇の近臣。蔵人頭から承保2(1075)年参議となり,右衛門督,検非違使別当,治部卿などを経て民部卿となり,正二位大納言に至る。朱雀民部卿と号した。白河天皇譲位後も院近臣として活躍。また摂関家でも重んじられ,様々の諮問に与った。『愚管抄』によると,嘉承2(1107)年鳥羽天皇即位のとき,藤原公実が外戚であることから白河上皇に摂政となることを望んだが,俊明がそれを阻んだという。

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのとしあきら【源俊明】

1044‐1114(寛徳1‐永久2)
平安後期の公卿。権大納言隆国の三男。母は参議源経頼の女。1075年(承保2)蔵人頭より参議に昇り,累進して大納言に任じ,その間,治部卿,民部卿を兼ね,また白河院の別当となり,院の近臣といわれたが,1114年12月2日病により出家,同日没した。藤原宗忠はその死を悼み,〈心性甚だ直にして,朝の重臣なり,良臣国を去る,誠に哀しきかな〉と日記に書いている。その剛直さは,皇后の死を嘆いて政務を放棄する白河天皇を諫め,鳥羽天皇の外戚藤原公実の摂政就任の野望を抑え,また奥州の藤原清衡の贈る砂金を拒絶した逸話などとして伝えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源俊明の関連キーワード永久永久百首寛徳半永久篤子内親王敦輔王安倍盛親寛徳院正子内親王(2)源資通

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone