コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源承 げんしょう

2件 の用語解説(源承の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源承 げんしょう

1224-? 鎌倉時代の歌人。
元仁(げんにん)元年生まれ。藤原(御子左(みこひだり))為家(ためいえ)の次男。祖父藤原定家に養育され,12歳ごろ出家。京都安居院(あぐい)の聖覚に師事。寛元元年法眼。弘長(こうちょう)3年の住吉社歌合などに御子左家の一員として出席。勅撰集に26首みえる。歌論書「和歌口伝」で反御子左派を批判した。俗名は藤原為定

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源承

没年:嘉元1以後(1303)
生年:元仁1(1224)
鎌倉後期の歌人。藤原(御子左)為家の子二条為氏,京極為教,冷泉為相は兄弟。比叡山の僧,法眼。俗名は為定。祖父定家に養われるも,早く出家,安居院の聖覚の門弟となる。作歌は多くなく,晩年の正応5(1292)年ごろ歌論書『源承和歌口伝』を著して,御子左嫡流である二条家を援護する立場から,反御子左派の真観や藤原知家,また阿仏尼と為相の母子を攻撃した。歌人というよりは才覚の人であった。『続拾遺集』以下の勅撰集に26首入集。<参考文献>福田秀一『中世和歌史の研究』

(三角洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源承の関連キーワード藤原俊忠御子左為兼藤原為氏藤原為世御子左家二条藤原重家(2)藤原知家藤原光俊御子左為家

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone